いろいろ空想してそれを文字にしています。haiku、10行の話、空想レシピなど。
by 空想家sio


橇、森へシルクハットの紳士と往く

haiku(俳句)兎穴。

ここは【haiku】をこよなく愛する紳士が
森の奥に開いた穴(hall)

haikuとは、
17頭(文字)の木馬が回るメリーゴーランド。

小さい扉を開くと、
大きな秘密の庭が広がっているみたいな、詩。

カレイドスコープみたいな世界。

紳士は誘う。森の奥へと、その兎穴へと。

b0312706_15032080.jpg 









紳士は黒いマントを着て、シルクハットをかぶっています。
わたしより少し長生きしていて、髭は金色です。

森には雪が積もっている。
紳士と一緒に落ちていこう。


橇、森へシルクハットの紳士と往く




[PR]
by houki666 | 2014-01-21 18:10 | haiku兎穴(紳士と共に)
<< 分身猫(10行de話)