いろいろ空想してそれを文字にしています。haiku、10行の話、空想レシピなど。
by 空想家sio


分身猫(10行de話)

まぼろしの猫を見た。
アパートの前をついっと過ぎていった。

(それはもしかしたら、風に飛ばされた枯葉かごみ袋だったのかもしれない)

猫は野良(推定野良歴12年)のようだった。
鼻の頭に十字のひっかき傷がある、しっぽの長い猫だった。

b0312706_13172045.jpg





会社に行き、一言も喋らず働いた。
給湯室で持参した弁当(塩鮭、煮豆、たくわん、ごはん)を食べ
2時間ほど残業(居残りともいう)をして、寒さに首をすくめ、帰った。

アパートの前で、猫はわたしを待っていた。

翌日、わたしは12年勤めていた会社を辞めた。


10行DEおしまい。






[PR]
by houki666 | 2014-01-22 13:31 | 10行de話(あなたの隣に)
<< 鹿埜類詩集1(苔の恋愛) 橇、森へシルクハットの紳士と往く >>